人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

2021.02.04

システム開発・再構築を成功させるために ①準備編

◆システム開発・再構築の進め方

システム開発・再構築をする際、自社内にIT人材を保有していない企業のほとんどがシステム開発会社に外注しています。システム開発というと、開発や導入工程などのイメージが先行しますが、実は発注者側の事前準備がとても重要です。
ここを曖昧にしてしまうと、活用できないシステムとなる可能性が高くなります。

 

◆システム開発を検討したら、やるべきこと

1.目標を定める
まずは、システム開発・再構築がなぜ必要なのかを考えてみましょう。
「業務過多になっている部分をシステムで対応できるようにしたい」
「新しい事業で活用したい」
「現行システムを今の業務に合うように再構築したい」など、なぜ必要なのかを考えます。
では、それはどのようなシステムなのでしょう。
顧客向けに利用するシステム、リモートワークで業務遂行するシステム、リアルタイムで情報共有することに重点をおいたシステム、人的ミスをなくした効率の良さを追求したシステムなど、重要なのは“システムで実現したいこと”を明確にすることです。

2.予算を定める
システム開発にかかる費用感を“大体このくらい”などとイメージすることは難しいと思います。
予算の上限がすでに決まっているのであれば、その予算に合わせた提案をしてもらえば良いですが、予算が曖昧で目標が具体的でない場合は、見積りの精度が悪くなるため高額な見積りを提示される可能性も高くなります。
最新技術を駆使する必要がある場合や、実現したい項目が多い場合などは、十分に予算を取っておく必要があります。また、システム保守やサーバーなどのインフラ管理にもランニングコストが発生します。費用が発生する工程を把握した上で、ある程度の予算は明確にしておいた方が良いでしょう。

3.体制の整備
システム開発を外注する際、システム会社とのやり取りを行う自社の担当者が必要です。システムの仕様や範囲を決める際には発注者の承認を得た上で進めていくため、決定権を持った担当者も含めて体制を整える必要があります。また、システム開発の目標に応じて、関係部門の担当者も含めて協力してもらえる体制をつくることができれば、より目標に近いシステム開発が実現できるでしょう。

 

◆システム開発・再構築ならお任せください!

システム開発・再構築において、きちんと社内で事前準備・検討することが重要です。曖昧な部分が多ければ多い程、期待したシステムの効果が発揮されません。必要最低限の準備を行った上で、システム会社に提案を依頼しましょう。
エイ・エヌ・エスは、オーダーメイドの基幹システム開発を主軸に、創業以来30年以上、多くのシステム関連サービスを提供しております。オーダーメイドのシステム開発や再構築、生産性向上・業務効率化のためのデザイン刷新など、新しいビジネス展開のご支援やIT化やDX推進のための一歩を支援しています。
まずは検討段階、情報収集においても、お気軽にご連絡・お問合せください。

・IT-Trust (オーダーメイドのシステム導入で実現する在宅勤務・テレワーク対応)
https://ans-net.co.jp/

・Innovation Design Labo (IT活用で企業の業務改革をデザインし、支援する)
https://innovation-design-lab.com/

・保守引継ぎサービス(最短1ヶ月でシステム保守の引継ぎが可能)
https://ans-net.co.jp/lp/maintenance/

関連記事
  • システム開発の見積り ③見積りに必要な情報

    システム開発の見積り ③見積りに必要な情報

    ◆見積り前に確かめること 今回は、システム開発の見積りに必要な情報や準備について、フォーカスを当てて紹介します。システム開発の見積りは、元となる情報が正確であるほど精度の高い見積りができます。また、前回までのコラムでもお …
  • システム開発の見積り ②必要な要件と見積り単位

    システム開発の見積り ②必要な要件と見積り単位

    ◆見積るための “要件”はどこまで定めればよいのか システム開発の見積りについて、”システム開発の見積り ①見積り方法と項目”にて方法や項目についてお話させて頂きました。 今回は、見積りをするにあたり必要な要件と工数につ …
  • システム開発の見積り ①見積り方法と項目

    システム開発の見積り ①見積り方法と項目

    ◆システム開発の見積りを依頼する前に システム開発の見積りについて、そもそも希望のシステムを開発してもらうのにどのくらいの作業と費用が適正なものなのか、判断することは難しいのではないでしょうか。開発したいシステムの規模が …
  • システムの内製化で起きる問題とは?

    システムの内製化で起きる問題とは?

    ◆システム開発の内製化の弱点 IT化やデジタル化が急務となっている昨今では、システムを内製化することを検討する企業も多いのではないでしょうか。例えば、システムの重要度が高く、サービスや商流の変化に柔軟に対応する必要性があ …
  • システムの保守が必要な理由 

    システムの保守が必要な理由 

    ◆システムの保守って必要なのか? “システムの保守って、必要なの・・?”そのようにお考えの企業もあるのではないでしょうか。例えば、安定稼働しているシステムなので保守の必要がない、該当のシステムが保守する程の重要性はない、 …
  • ITリテラシー向上の必要性

    ITリテラシー向上の必要性

    ◆ITリテラシーとは? 身近に“IT”を利用するようになった現代。特に最近の急速なデジタル化促進によって、一人一人がITリテラシーを向上させる必要性が高まっています。 ITリテラシーとは、“インターネット・ネットワーク・ …
  • タスクフォースで課題を解決

    タスクフォースで課題を解決

    ◆タスクフォースとは? ビジネス関連の場で耳にする「タスクフォース」という言葉をご存知ですか? タスクフォースとは、一言でいうと、緊急度・優先度の高い課題を解決するために一時的に結成されるチームのことを指しており、元々、 …
  • スマホ決済の普及で促進されるIT化

    ◆定着しつつあるスマホ決済 日本政府は、2025年までにキャッシュレス決済の比率を40%とする目標を発表し、キャッシュレス決済の利用シーンを拡大するため、利用者向け、事業者向けの双方で様々な施策を打ち出してきました。着実 …
  • システム開発の品質を高める考え方 

    システム開発の品質を高める考え方 

    ◆質の高いシステムの考え方 システムやアプリ開発から見る品質の良さというと、多機能であることや優れたUIであることなどを想定されると思います。もちろん、機能が充実していて使いやすいUI画面であることは高品質であるといえま …
  • 販売管理システムを知ろう ③購買管理

    販売管理システムを知ろう ③購買管理

    ◆販売管理システムとは? 前回の“販売管理システムを知ろう②在庫管理”に続き、販売管理システムの『購買管理』について解説していきます。 商品・原材料の仕入れに伴う経費や発注数、支払い情報を管理するために必要なのが『購買管 …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP