人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

2021.02.04

システム開発・再構築を成功させるために ①準備編

◆システム開発・再構築の進め方

システム開発・再構築をする際、自社内にIT人材を保有していない企業のほとんどがシステム開発会社に外注しています。システム開発というと、開発や導入工程などのイメージが先行しますが、実は発注者側の事前準備がとても重要です。
ここを曖昧にしてしまうと、活用できないシステムとなる可能性が高くなります。

 

◆システム開発を検討したら、やるべきこと

1.目標を定める
まずは、システム開発・再構築がなぜ必要なのかを考えてみましょう。
「業務過多になっている部分をシステムで対応できるようにしたい」
「新しい事業で活用したい」
「現行システムを今の業務に合うように再構築したい」など、なぜ必要なのかを考えます。
では、それはどのようなシステムなのでしょう。
顧客向けに利用するシステム、リモートワークで業務遂行するシステム、リアルタイムで情報共有することに重点をおいたシステム、人的ミスをなくした効率の良さを追求したシステムなど、重要なのは“システムで実現したいこと”を明確にすることです。

2.予算を定める
システム開発にかかる費用感を“大体このくらい”などとイメージすることは難しいと思います。
予算の上限がすでに決まっているのであれば、その予算に合わせた提案をしてもらえば良いですが、予算が曖昧で目標が具体的でない場合は、見積りの精度が悪くなるため高額な見積りを提示される可能性も高くなります。
最新技術を駆使する必要がある場合や、実現したい項目が多い場合などは、十分に予算を取っておく必要があります。また、システム保守やサーバーなどのインフラ管理にもランニングコストが発生します。費用が発生する工程を把握した上で、ある程度の予算は明確にしておいた方が良いでしょう。

3.体制の整備
システム開発を外注する際、システム会社とのやり取りを行う自社の担当者が必要です。システムの仕様や範囲を決める際には発注者の承認を得た上で進めていくため、決定権を持った担当者も含めて体制を整える必要があります。また、システム開発の目標に応じて、関係部門の担当者も含めて協力してもらえる体制をつくることができれば、より目標に近いシステム開発が実現できるでしょう。

 

◆システム開発・再構築ならお任せください!

システム開発・再構築において、きちんと社内で事前準備・検討することが重要です。曖昧な部分が多ければ多い程、期待したシステムの効果が発揮されません。必要最低限の準備を行った上で、システム会社に提案を依頼しましょう。
エイ・エヌ・エスは、オーダーメイドの基幹システム開発を主軸に、創業以来30年以上、多くのシステム関連サービスを提供しております。オーダーメイドのシステム開発や再構築、生産性向上・業務効率化のためのデザイン刷新など、新しいビジネス展開のご支援やIT化やDX推進のための一歩を支援しています。
まずは検討段階、情報収集においても、お気軽にご連絡・お問合せください。

・IT-Trust (オーダーメイドのシステム導入で実現する在宅勤務・テレワーク対応)
https://ans-net.co.jp/

・Innovation Design Labo (IT活用で企業の業務改革をデザインし、支援する)
https://innovation-design-lab.com/

・保守引継ぎサービス(最短1ヶ月でシステム保守の引継ぎが可能)
https://ans-net.co.jp/lp/maintenance/

関連記事
  • システム開発・再構築を成功させるために ③機能・仕様編

    システム開発・再構築を成功させるために ③機能・仕様編

    ◆ニーズに合ったシステムを構築するために システム開発・再構築をする上で、成功を左右する大事な工程は仕様の確定です。 どのようなシステムにするか、具体的に仕様や機能を決めることでシステムの役割が決まることになるからです。 …
  • システム開発・再構築を成功させるために ②発注・契約編

    システム開発・再構築を成功させるために ②発注・契約編

    ◆ニーズに合ったシステム会社を探す システム開発・再構築をする際の事前に準備すべきことは、「システム開発・再構築を成功させるために ①準備編」で紹介しました。本コラムでは自社の準備が整って、いざ業者を選定しようとした際の …
  • システム開発・再構築を成功させるために ①準備編

    システム開発・再構築を成功させるために ①準備編

    ◆システム開発・再構築の進め方 システム開発・再構築をする際、自社内にIT人材を保有していない企業のほとんどがシステム開発会社に外注しています。システム開発というと、開発や導入工程などのイメージが先行しますが、実は発注者 …
  • これからのIT業界の将来性

    これからのIT業界の将来性

    ◆IT業界の将来性をみる 本コラムでもITの必要性を多く記述してきましたが、コロナ禍の中、今後を生き抜く上でITと切り離した生活は難しいといっても過言ではない時代に突入しています。 近年のIT業界のトレンドとなっている下 …
  • 加速するアパレル業界のDX推進

    加速するアパレル業界のDX推進

    ◆コロナで打撃を受けたアパレル業 2021年の幕が開け、緊急事態宣言から2週間が経とうとしています。各業界への影響度が懸念される中、コロナウィルスによって、大きな打撃を受けた業界の中にはアパレル業界も含まれます。アパレル …
  • コロナ時代を生き抜くIT運用

    コロナ時代を生き抜くIT運用

    ◆IT運用のニーズが高まる今 「2021年 コロナ第3波での企業の在り方」の記事に掲載したとおり、コロナ時代を生き抜く上で事業拡大やサービス展開において、必要不可欠といえるのがITです。 実際に、今後、売上の8割がデジタ …
  • 2021年 コロナ第3波での企業の在り方

    2021年 コロナ第3波での企業の在り方

    ◆「コロナ第3波」に警戒しながら迎えた2021年 年末からの新型コロナウィルス再拡大を受け、未だに収まる様子のない状況が2021年を迎えた今でも続いています。2020年から徐々に拡大したコロナウィルス。約1年経過した現在 …
  • 企業のIT基盤強化の実現

    企業のIT基盤強化の実現

    ◆ITスキルの向上が鍵 コロナ禍におけるITの需要拡大については、前回のコラムにて記載しましたが、企業運営に着目すると、これまで以上にITが必要不可欠になると予想されます。そんな中、IT部門の在り方にも変化が求められるの …
  • 企業のIT戦略遂行の状況は

    企業のIT戦略遂行の状況は

    ◆コロナ禍におけるITの需要拡大 2020年は、コロナウィルスの感染拡大の影響から、各企業や日本経済・世界経済まで大きな打撃を受けており、いまだ終息が見えていない状況です。2020年3月以降、外出自粛要請や緊急事態宣言、 …
  • 今話題の“SDGs”にITで貢献する

    今話題の“SDGs”にITで貢献する

    ◆SDGsとは? 最近よく耳にするようになった“SDGs”。その詳細をご存知でしょうか。 SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。 SDGsは2015年 …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP