人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

2021.02.18

システム開発・再構築を成功させるために ③機能・仕様編

◆ニーズに合ったシステムを構築するために

システム開発・再構築をする上で、成功を左右する大事な工程は仕様の確定です。
どのようなシステムにするか、具体的に仕様や機能を決めることでシステムの役割が決まることになるからです。システムを一から開発する場合、実現したいことや要望が膨らみがちですが、システムを最大限活用し効率化を実現させるためには、最低限の仕様・機能に絞って開発することをおすすめします。

 

・システム化する業務と人で対応する業務を見極める
システム化しやすい業務と人の対応の方が良い業務があります。多くのデータ収集や管理、単純で迅速な処理が必要な業務等は、システム化することで得られるメリットは大きいでしょう。反対に、イレギュラー対応が多く柔軟に判断して対応することが求められる業務などは、システム開発の難易度が上がり機能数が増えることにつながり、コストがかかります。業務内容や発生頻度に応じて、システム化をする業務を見極めることが重要です。

・業務の流れや内容を考える
そもそも、現行の業務は、もっとも効率の高い方法で実行しているでしょうか。今の業務をシステム化することに重点を置くだけでなく、業務そのものの実施方法を見直してみても良いかもしれません。流れややり方を少し変えるだけでコンパクトにシステム化を実現することもあります。複雑な流れの業務をそのままシステム化すると、業務内容が少しでも変わるとシステムでの対応が難しくなり、業務変化への柔軟性が損なわれます。

 

システム化したい業務は、実際に使用する人は誰で、その使用頻度はどれくらいでしょうか。仕様の優先順位を明確にし、狭い範囲から徐々に広げていくように検討しましょう。
最小限の仕様でシステム開発を進めることで、変化が起きた場合にも柔軟に追加・改修がしやすくなるため、結果的に汎用性が高く業務の変化に対応しうるシステムになります。

 

◆システム化の失敗になるケースとは

もっとも避けたいケースは、導入しただけで終わってしまうこと。
システムは活用することで効果が発揮できます。システム本体を導入して得られるメリットはありません。業務をシステム化すると効率化が図れる反面、デメリットをどうやって上手に補っていくかが大きな課題となります。仕様・機能を決定する際は、費用対効果を見極めながら業務自体の改善案やシステム化の範囲を変えていくことが成功の近道になるかもしれません。

 

◆オーダーメイドのシステム開発・再構築ならお任せください!

システム開発・再構築に向けた、仕様・機能の確定についてお話させていただきました。
業者を選定するにも、的確に効率良く選定するために検討事項や注意点は多いと感じたかと思います。エイ・エヌ・エスは、オーダーメイドの基幹システム開発を主軸に、創業以来30年以上、多くのシステム関連サービスを提供しております。オーダーメイドのシステム開発や再構築、生産性向上・業務効率化のためのデザイン刷新など、新しいビジネス展開のご支援やIT化やDX推進のための一歩を支援しています。
まずは検討段階、情報収集においても、お気軽にご連絡・お問合せください。

・IT-Trust (オーダーメイドのシステム導入で実現する在宅勤務・テレワーク対応)
https://ans-net.co.jp/

・Innovation Design Labo (IT活用で企業の業務改革をデザインし、支援する)
https://innovation-design-lab.com/

・保守引継ぎサービス(最短1ヶ月でシステム保守の引継ぎが可能)
https://ans-net.co.jp/lp/maintenance/

関連記事
  • システム開発・再構築を成功させるために ③機能・仕様編

    システム開発・再構築を成功させるために ③機能・仕様編

    ◆ニーズに合ったシステムを構築するために システム開発・再構築をする上で、成功を左右する大事な工程は仕様の確定です。 どのようなシステムにするか、具体的に仕様や機能を決めることでシステムの役割が決まることになるからです。 …
  • システム開発・再構築を成功させるために ②発注・契約編

    システム開発・再構築を成功させるために ②発注・契約編

    ◆ニーズに合ったシステム会社を探す システム開発・再構築をする際の事前に準備すべきことは、「システム開発・再構築を成功させるために ①準備編」で紹介しました。本コラムでは自社の準備が整って、いざ業者を選定しようとした際の …
  • システム開発・再構築を成功させるために ①準備編

    システム開発・再構築を成功させるために ①準備編

    ◆システム開発・再構築の進め方 システム開発・再構築をする際、自社内にIT人材を保有していない企業のほとんどがシステム開発会社に外注しています。システム開発というと、開発や導入工程などのイメージが先行しますが、実は発注者 …
  • これからのIT業界の将来性

    これからのIT業界の将来性

    ◆IT業界の将来性をみる 本コラムでもITの必要性を多く記述してきましたが、コロナ禍の中、今後を生き抜く上でITと切り離した生活は難しいといっても過言ではない時代に突入しています。 近年のIT業界のトレンドとなっている下 …
  • 加速するアパレル業界のDX推進

    加速するアパレル業界のDX推進

    ◆コロナで打撃を受けたアパレル業 2021年の幕が開け、緊急事態宣言から2週間が経とうとしています。各業界への影響度が懸念される中、コロナウィルスによって、大きな打撃を受けた業界の中にはアパレル業界も含まれます。アパレル …
  • コロナ時代を生き抜くIT運用

    コロナ時代を生き抜くIT運用

    ◆IT運用のニーズが高まる今 「2021年 コロナ第3波での企業の在り方」の記事に掲載したとおり、コロナ時代を生き抜く上で事業拡大やサービス展開において、必要不可欠といえるのがITです。 実際に、今後、売上の8割がデジタ …
  • 2021年 コロナ第3波での企業の在り方

    2021年 コロナ第3波での企業の在り方

    ◆「コロナ第3波」に警戒しながら迎えた2021年 年末からの新型コロナウィルス再拡大を受け、未だに収まる様子のない状況が2021年を迎えた今でも続いています。2020年から徐々に拡大したコロナウィルス。約1年経過した現在 …
  • 企業のIT基盤強化の実現

    企業のIT基盤強化の実現

    ◆ITスキルの向上が鍵 コロナ禍におけるITの需要拡大については、前回のコラムにて記載しましたが、企業運営に着目すると、これまで以上にITが必要不可欠になると予想されます。そんな中、IT部門の在り方にも変化が求められるの …
  • 企業のIT戦略遂行の状況は

    企業のIT戦略遂行の状況は

    ◆コロナ禍におけるITの需要拡大 2020年は、コロナウィルスの感染拡大の影響から、各企業や日本経済・世界経済まで大きな打撃を受けており、いまだ終息が見えていない状況です。2020年3月以降、外出自粛要請や緊急事態宣言、 …
  • 今話題の“SDGs”にITで貢献する

    今話題の“SDGs”にITで貢献する

    ◆SDGsとは? 最近よく耳にするようになった“SDGs”。その詳細をご存知でしょうか。 SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。 SDGsは2015年 …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP