人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

2021.07.29

日本と海外のITについて

◆IT最先端のアメリカと遅れをとる日本

2020東京オリンピックが開催され、盛り上がりを見せています。開催しているオリンピックにも、大手ベンダーがシステム開発プロジェクトに参加して開発された様々なシステムが活用されています。
ITの世界で、最先端といわれているアメリカ。アメリカがIT最先端になった背景は、世界中の優秀な技術者を集結させたことが起因していると言われています。IT業界の優秀な技術者が集結しているのがアメリカのカリフォルニア州シリコンバレー。IT技術者の目標・憧れの場所となっているITの着地点ともいえます。また、IT業界で必須とも言われるプログラミング言語は英語で成り立っているため、馴染んだ言語でプログラミングを学習することができれば最短で技術を身につけることができる強みがあります。
そんな中、日本はITの関して遅れていると言われていますが、その理由はなんでしょうか。上述したように、プログラミング言語が英語であることは少なからず要因となっています。プログラミング言語を習得すると同時にある程度の英語を覚える必要があることから生じる差は大きいかもしれません。また、日本人はハードウェアに力を入れてきたこともITに遅れを取っている要因と言われています。目に見える製品や機械は、日本人の性質上、緻密で繊細に仕上げ、海外からも高く評価されていますが、反対に、目に見えないソフトウェア開発に力を入れてこなかったこともIT遅れの一因として考えられているようです。

 

◆システム開発手法の違いとは

システム開発・導入において海外を比較した際、日本の特長はあるのでしょうか。
システム導入を検討する場合、日本では外部のシステム開発会社に委託するケースが多く、システム会社から開発・導入されたシステムは委託先に一任する考えが根強いかもしれませんが、海外ではIT部門を設けて内製化している割合が多いのです。開発手法においても、アジャイル型の開発手法を多く取り入れています。それだけにスケジュールを担保して進めていきます。日本のシステム開発においては、余裕を持ったスケジュールを組むよりも、最短で完了させるために必要な期間やユーザーが望む期日を元に、スケジュールを設定しがちです。また、多少の負担を背負って設定したスケジュールの中で、完璧主義な日本の性質上、100%を目指したシステム開発を行います。良いことではあるものの、システム開発においては100%を目指すよりも、状況に応じて柔軟に対応する方が成功しやすいといえます。要件通りに100%のシステムを開発したとしても、実際に導入効果がどのくらいあるかは導入後でないとはかることができず、フィット&ギャップが生じる可能性が不明瞭だからです。段階分けし、必要に応じて機能の追加や改修を行うことを前提に進めることがバランスの良いシステム開発といえます。

 

◆業務システム再構築はお任せください!

エイ・エヌ・エスは、オーダーメイドの基幹システム開発を主軸に、創業以来30年以上、多くのシステム関連サービスを提供しております。オーダーメイドのシステム開発や再構築を主軸に事業を展開し、システム開発と合わせてインフラ管理・提案も行っています。長期的にお付き合いすることを前提に、システム開発ではめずらしい月額制のシステム開発プラン(IT-Trust)もご用意しています。
また、システム保守の引継ぎや生産性向上・業務効率化のためのデザイン刷新、アプリ開発など、新しいビジネス展開のご支援やIT化やDX推進のための一歩を支援しています。
まずは検討段階、情報収集においても、お気軽にご連絡・お問合せください。

・IT-Trust (オーダーメイドのシステム導入で実現する在宅勤務・テレワーク対応)
https://ans-net.co.jp/

・Innovation Design Labo (IT活用で企業の業務改革をデザインし、支援する)
https://innovation-design-lab.com/

・保守引継ぎサービス(最短1ヶ月でシステム保守の引継ぎが可能)
https://ans-net.co.jp/lp/maintenance/

関連記事
  • 中小企業がIT化を成功させるために

    中小企業がIT化を成功させるために

    ◆中小企業のIT化の目的とは 昨今の情勢や急速な変化が求められている今、IT化は必要不可欠であると考える企業が多いのではないでしょうか。ビジネスにITを導入することは、今後ますます加速していくとみられています。 そんな中 …
  • システム再構築のタイミングについて

    システム再構築のタイミングについて

    ◆システム再構築を検討すべき状況とは ビジネスや環境の変化に応じて、業務システムの入替や再構築を検討することになると思いますが、システムを見直すタイミングはいつが最適といえるのでしょうか。 一般的に業務システムの再構築は …
  • クラウドとオンプレミスの違いとは?

    クラウドとオンプレミスの違いとは?

    ◆クラウドとオンプレミスについて システム開発には、ソフトウェアをおくサーバーは必要不可欠です。サーバーの運用をクラウドとするか、オンプレミスにするか、選択をすることになります。最近では「クラウド化」「クラウド運用」とい …
  • ”生産性”について考える

    ◆生産性を向上させる目的とは 昨今、労働力人口の減少やコロナ禍における働き方の概念が変化していることにより、企業に対して生産性向上が求められています。DX(デジタルトランスフォーメーション)やIT化を視野に入れて生産性向 …
  • システム開発の工程と期間 ~期間~

    システム開発の工程と期間 ~期間~

    ◆システム開発にかかる期間は? システム開発の工程と期間 ~工程~でシステム開発は多くの工程を踏んで進めていくことがわかりました。そこで気になってくるのが「システム開発にはどのくらいの期間がかかるのか」だと思います。シス …
  • システム開発の工程と期間 ~工程~

    システム開発の工程と期間 ~工程~

    ◆システム開発工程を知る 新たなシステムを開発しようと考えた時、多くの企業は専門のシステム開発会社に外注することを検討します。“そんなに難しいシステムではないから簡単なはず”“できればすぐにでもシステムを活用したい”など …
  • 日本と海外のITについて

    日本と海外のITについて

    ◆IT最先端のアメリカと遅れをとる日本 2020東京オリンピックが開催され、盛り上がりを見せています。開催しているオリンピックにも、大手ベンダーがシステム開発プロジェクトに参加して開発された様々なシステムが活用されていま …
  • システム開発の見積り ③見積りに必要な情報

    システム開発の見積り ③見積りに必要な情報

    ◆見積り前に確かめること 今回は、システム開発の見積りに必要な情報や準備について、フォーカスを当てて紹介します。システム開発の見積りは、元となる情報が正確であるほど精度の高い見積りができます。また、前回までのコラムでもお …
  • システム開発の見積り ②必要な要件と見積り単位

    システム開発の見積り ②必要な要件と見積り単位

    ◆見積るための “要件”はどこまで定めればよいのか システム開発の見積りについて、”システム開発の見積り ①見積り方法と項目”にて方法や項目についてお話させて頂きました。 今回は、見積りをするにあたり必要な要件と工数につ …
  • システム開発の見積り ①見積り方法と項目

    システム開発の見積り ①見積り方法と項目

    ◆システム開発の見積りを依頼する前に システム開発の見積りについて、そもそも希望のシステムを開発してもらうのにどのくらいの作業と費用が適正なものなのか、判断することは難しいのではないでしょうか。開発したいシステムの規模が …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP