人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

2016.05.30

システム開発 内製派?外注派?

システム導入を検討されている企業様にとって、まず、大きな選択となるのがシステム開発を“内製するor外製する”です。

【素材集図1】2-内製派外注派_1.0
社内でシステムの開発・運用をする、内製派?

それとも、

外部のシステム会社に開発・運用を委託する、外注派?

まずは、それぞれのメリット、デメリットを整理してみましょう。

■内製派

【素材集図2-1】2-内製派外注派_1.0

【メリット】

・キャッシュアウトしない

・業務内容を理解した上でシステム構築が可能

・システムの追加や改修が必要となった場合でも、コストをかけず自社内で対応ができる

・社内の仕様や業務ノウハウを社外に開示しなくて良い

・軽微な調整や修正作業がスピーディーに対応できる

・自社の管理基準や管理レベルでシステムの運用が可能

【デメリット】

・根本的に、システム関連の業務は本業ではない

・社内にシステム担当者が必要=人件費がかかる

・担当者の離職リスク=情報漏洩、責任問題、ブラックボックス化

・担当者の高齢化=いつまでも同じパフォーマンスで対応ができない、技術レベル低下

・技術レベルの維持、向上が難しい

・サーバーなどインフラ設備の管理、維持、保守コスト

 

■外注派

【素材集図2-2】2-内製派外注派_1.0

【メリット】

・システム構築、運用、保守の専門企業が作業を行う

・BtoBの取引によって、然るべき責任関係のもとでシステムを構築

・自社でシステム担当者の雇用が不要

・技術力が維持されており、システム構築のノウハウがある

・保守性が高く、データのバックアップなどの委託も可能

・サーバーインフラの管理・委託も可能=自社内にサーバールームが不要

【デメリット】

・システムの追加や改修の度に費用が発生する

・追加、改修の際、即作業が進められない(見積もりが発生)

・システム開発会社が倒産するリスクがある

・自社の業務仕様や業務ノウハウを社外に開示しなければならない(守秘義務契約のもと)

・保守フェーズで担当者の変更が多い場合、業務内容などの説明が大変

・パッケージシステム+カスタマイズの場合、バージョンUPで多額の費用が発生する

 

まだまだ考えれば、色々あると思いますが、導入を検討している側の企業の代表であれば、以下のように考えるのではないでしょうか。

【素材集図3】2-内製派外注派_1.0

 

会社が起業して間もない1~3年目までは、資金的にも余裕がないので、一般的なパッケージソフトやフリーのソフトなどで運用します。もしくは、システム関連の知識が豊富なボードメンバーで内製します。

3年目以降に中堅企業規模になれば、内製で開発したシステムの仕様と業務フローを最適化した状態で外注し、システム構築を依頼します。また、保守やインフラ運用も委託すると良いでしょう。

それ以後、大企業に成長した場合は、システムの管理やハンドリングを自社で行います。社内にシステム部門もしくはシステム子会社を設立し、自社独自性の高い戦略的なシステム開発を大手ITベンダに外注する。その場合、可能であれば2社のベンダで常に競争させるのが良いと思われます。ただし、大手ITベンダにするか否かは判断が必要です。

 

システム開発会社側の意見を総括すると、中堅規模まではシステム構築や管理は外注がおすすめです。起業当初であれば、Excelやファイルメーカーでの管理・運用、または一般的なパッケージソフトやフリーソフトの組み合わせでも良いと思います。

内製で良く耳にする困った話としては、以下の例が多く聞かれます。

【素材集図4】2-内製派外注派_1.0

 

・システム構築用に子会社を設立したが、上手くいかない。システム再構築と言っても子会社の設立に費用がかかり困難である。

・外注に切り替えたいが基幹業務だけに、大がかりな作業が発生する。

・安価な海外にオフショア開発を依頼したが、品質が悪かった。改修しようにも自社で対応ができないので結局費用が高く付いた。

・オフショアで開発は完了したが、構築メンバーが転職。保守や追加開発ができない状況に陥ってしまった。

・担当者の退職や、高年齢化による技術・体力低下で、システム仕様やソースがブラックボックス化してしまい困っている

 

システム開発が本業であればともかく、このような難しい状況をよく耳にします。だからといって、外注なら良いかというと別のリスクも発生します。

【素材集図5】2-内製派外注派_1.0

 

・月額派遣系のSESなどは、成果責任を全うできるのか?

・大手ITベンダは高額で中身は下請けに外注、そのコストは成果に見合うのか?

・システム構築後の保守体制は万全なのか?

など、事前に想定できるリスクは考えだせば、おわりがありません。

 

システムは人の手で構築するものです。実際に担当するシステムエンジニアのモチベーションと技術力の高さが大きく影響します。結局のところ、「クライアント企業の業務を理解し、この会社の為に良いシステムを創ろう。」と思う気持ちがとても重要です。

 

内製か?外注か?

非常に悩ましいことですが、最終的には各社の高度な経営判断に委ねるほかありません。

 

外注で検討される方への詳細は、こちら↓

http://www.ans-net.co.jp/ittrust/fullorder.html

http://www.originalcloud.jp/

関連記事
  • コロナ時代を生き抜くIT運用

    コロナ時代を生き抜くIT運用

    ◆IT運用のニーズが高まる今 「2021年 コロナ第3波での企業の在り方」の記事に掲載したとおり、コロナ時代を生き抜く上で事業拡大やサービス展開において、必要不可欠といえるのがITです。 実際に、今後、売上の8割がデジタ …
  • 2021年 コロナ第3波での企業の在り方

    2021年 コロナ第3波での企業の在り方

    ◆「コロナ第3波」に警戒しながら迎えた2021年 年末からの新型コロナウィルス再拡大を受け、未だに収まる様子のない状況が2021年を迎えた今でも続いています。2020年から徐々に拡大したコロナウィルス。約1年経過した現在 …
  • 企業のIT基盤強化の実現

    企業のIT基盤強化の実現

    ◆ITスキルの向上が鍵 コロナ禍におけるITの需要拡大については、前回のコラムにて記載しましたが、企業運営に着目すると、これまで以上にITが必要不可欠になると予想されます。そんな中、IT部門の在り方にも変化が求められるの …
  • 企業のIT戦略遂行の状況は

    企業のIT戦略遂行の状況は

    ◆コロナ禍におけるITの需要拡大 2020年は、コロナウィルスの感染拡大の影響から、各企業や日本経済・世界経済まで大きな打撃を受けており、いまだ終息が見えていない状況です。2020年3月以降、外出自粛要請や緊急事態宣言、 …
  • 今話題の“SDGs”にITで貢献する

    今話題の“SDGs”にITで貢献する

    ◆SDGsとは? 最近よく耳にするようになった“SDGs”。その詳細をご存知でしょうか。 SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。 SDGsは2015年 …
  • デジタル化に向けて導入したい基幹システムとは

    デジタル化に向けて導入したい基幹システムとは

    ◆必要不可欠な“基幹システム”とは デジタル化やデジタルトランスフォーメーションが推進されている昨今、システムの導入によって効率化をはかることは避けて通れない状況ではないでしょうか。そんな今だからこそ、基幹システムの重要 …
  • DX時代を乗り切る業務のデジタル化

    DX時代を乗り切る業務のデジタル化

    ◆DX時代を乗り切るためには? コロナ禍での景気減速が懸念される中、大手企業の業績の落ち込みも具体的な数字で発表されています。事業の再構築やIT導入による生産性向上など、企業が抱える課題は日々増しています。 また、コロナ …
  • コロナ禍で進むデジタル化と新たな働き方

    コロナ禍で進むデジタル化と新たな働き方

    ◆コロナの影響で変わる社会 新型コロナウィルスにより多くの企業が窮地に立たされている中、雇用の維持や事業継続への影響度合いや状況の詳細が明らかになってきています。現時点でマイナスの影響があると見込んでいる企業は、全体の約 …
  • 需要が高まる“デジタル化”の現状

    需要が高まる“デジタル化”の現状

    ◆拡大していくデジタル化の背景とは デジタルトランスフォーメーションの推進、デジタル庁の新設など、昨今のデジタル化やITシステムサービスの需要は急速に拡大しています。 AI、IoTの技術が生活に取り入れられ、5Gで超高速 …
  • 「攻めのIT投資」で推進させるDX 

    「攻めのIT投資」で推進させるDX 

    ◆生き残るために必要なDX DX=デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation) 本コラムでは何度も“DX”について掲載していますが、私たちは既に、DXの中で生活をしています。スマートフ …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP