人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

2016.05.31

ベンダー選定

今回は、重要なベンダー選定について記述します

基幹システム導入において、外部に委託する場合、ベンダー選定が必要となります。

このタスクはとても重要な選定作業です。

【素材集】3-ベンダー選定_1.0_ページ_3

大枠の選択ジャンルとして、“構築手法”があります。

①パッケージソフト

②委託スクラッチ開発

まず、この2種類の選択から始まります。

メリットとデメリットを上げて、比較してみましょう。

 

【素材集】3-ベンダー選定_1.0_ページ_4

 

①パッケージソフトの場合

【メリット】

「納期が早い」「イニシャルコストが廉価」「機能が多彩」「業界標準的である」

【デメリット】

「カスタマイズが必要で高額」「汎用性に乏しい」「バージョンUPが頻繁」

「同業他社とシステムにおいて差別化がしづらい」「保守サービスがコールセンタレベル」

 

②委託スクラッチ開発

【メリット】

「自社の業務特性」「社風、業務フローに合わせたスクラッチ開発ができる」

「追加開発、改修に制限がなく柔軟」「同業他社と差別化したオリジナルシステム」

「構築したエンジニアによる保守」

【デメリット】

「イニシャルコストが高額である」「半額前金のケースもある」

「要件定義など打ち合わせや社内要件調整が大変」

「保守料金がパッケージに比べ高い納期が長い」「遅延する可能性がある」

 

もうひとつ、必須である選定ジャンルは、“規模感”です。

A.大手ITベンダー

B.零細・中小企業ベンダー

こちらもメリットとデメリットを上げて、比較してみましょう。

【素材集】3-ベンダー選定_1.0_ページ_5

A.大手ITベンダー

【メリット】

「知名度高く信頼性がある」「何か問題が生じた際の保証がある」「セキュリテイ関係」

「対応レベルが高い」

【デメリット】

「高額である」「実際の作業遂行は中小企業である(下請けに作業を依頼)」

「保守担当者、窓口の変更が度々ある」「スピード感が落ちるケースがある」

 

B.零細・中小企業ベンダー

【メリット】

「Aと比べるとかなり安価である」

「実際の開発は中小企業が行っていれば、大手ベンダーに依頼するのと変わらない」

「細かい対応が可能」「保守担当者の変更は少ない」

「システムの内容を理解したエンジニアが保守」

【デメリット】

「何か問題が生じた場合の安心感が弱い」

「知名度が低いエンジニア人材の層の厚さが不透明」

「ザービス対応レベルがAほど洗練されていない」

 

各選定ジャンルとして例にあげた①、②とA、B。

それぞれ、メリットとデメリットをあげるとまだまだ沢山ありますが、前記のような要素を検討して、ベンダー選定を進めなければいけません。とても重要なタスクとなります。

 

では、具体的にどんな基準でベンダー選定をすればいいのか???

“自社(ユーザー)のビジネスを理解して、それを習得する意欲のある”実務”担当者がそのベンダーにいるか”ということが一番重要だと思います。

基幹システムは、パッケージでもスクラッチでも、人の手によって構築・導入します。そのため、担当者の能力、意気込み、親和性が一定のレベル保たれる必要があります。

また、導入後の対応の仕方も非常に重要です。”システムは安定稼動していて当たり前”という考え方があります。障害が生じた場合、障害のレベルによりますが、最悪、業務が遂行できない状況に陥ってしまいます。そのようなことを想定した上でも、障害時の対応速度、対応内容が重要になってきます。

この部分を十分に見極めた上で、上記の①or②、AorBを参考に、自社の要件に合ったシステムを比較検討すればよいのではないでしょうか。

一般的な建築物などは、ほぼ確実に投資すれば投資しただけの建物が建つと思いますが、システムの場合、デジタルで物理的な物ではないため、お金を投じれば良いシステムが出来るとは限らないのです。

システム導入、投資方法は非常に難しい経営判断になると思います。自社にとってどんなベンダー、どんな担当エンジニアに出会えるかが一番のポイントとなると思います。

【システム開発 ANS】詳細はこちら↓

http://ans-net.co.jp/

http://www.originalcloud.jp/

 

関連記事
  • システム開発の見積り ③見積りに必要な情報

    システム開発の見積り ③見積りに必要な情報

    ◆見積り前に確かめること 今回は、システム開発の見積りに必要な情報や準備について、フォーカスを当てて紹介します。システム開発の見積りは、元となる情報が正確であるほど精度の高い見積りができます。また、前回までのコラムでもお …
  • システム開発の見積り ②必要な要件と見積り単位

    システム開発の見積り ②必要な要件と見積り単位

    ◆見積るための “要件”はどこまで定めればよいのか システム開発の見積りについて、”システム開発の見積り ①見積り方法と項目”にて方法や項目についてお話させて頂きました。 今回は、見積りをするにあたり必要な要件と工数につ …
  • システム開発の見積り ①見積り方法と項目

    システム開発の見積り ①見積り方法と項目

    ◆システム開発の見積りを依頼する前に システム開発の見積りについて、そもそも希望のシステムを開発してもらうのにどのくらいの作業と費用が適正なものなのか、判断することは難しいのではないでしょうか。開発したいシステムの規模が …
  • システムの内製化で起きる問題とは?

    システムの内製化で起きる問題とは?

    ◆システム開発の内製化の弱点 IT化やデジタル化が急務となっている昨今では、システムを内製化することを検討する企業も多いのではないでしょうか。例えば、システムの重要度が高く、サービスや商流の変化に柔軟に対応する必要性があ …
  • システムの保守が必要な理由 

    システムの保守が必要な理由 

    ◆システムの保守って必要なのか? “システムの保守って、必要なの・・?”そのようにお考えの企業もあるのではないでしょうか。例えば、安定稼働しているシステムなので保守の必要がない、該当のシステムが保守する程の重要性はない、 …
  • ITリテラシー向上の必要性

    ITリテラシー向上の必要性

    ◆ITリテラシーとは? 身近に“IT”を利用するようになった現代。特に最近の急速なデジタル化促進によって、一人一人がITリテラシーを向上させる必要性が高まっています。 ITリテラシーとは、“インターネット・ネットワーク・ …
  • タスクフォースで課題を解決

    タスクフォースで課題を解決

    ◆タスクフォースとは? ビジネス関連の場で耳にする「タスクフォース」という言葉をご存知ですか? タスクフォースとは、一言でいうと、緊急度・優先度の高い課題を解決するために一時的に結成されるチームのことを指しており、元々、 …
  • スマホ決済の普及で促進されるIT化

    ◆定着しつつあるスマホ決済 日本政府は、2025年までにキャッシュレス決済の比率を40%とする目標を発表し、キャッシュレス決済の利用シーンを拡大するため、利用者向け、事業者向けの双方で様々な施策を打ち出してきました。着実 …
  • システム開発の品質を高める考え方 

    システム開発の品質を高める考え方 

    ◆質の高いシステムの考え方 システムやアプリ開発から見る品質の良さというと、多機能であることや優れたUIであることなどを想定されると思います。もちろん、機能が充実していて使いやすいUI画面であることは高品質であるといえま …
  • 販売管理システムを知ろう ③購買管理

    販売管理システムを知ろう ③購買管理

    ◆販売管理システムとは? 前回の“販売管理システムを知ろう②在庫管理”に続き、販売管理システムの『購買管理』について解説していきます。 商品・原材料の仕入れに伴う経費や発注数、支払い情報を管理するために必要なのが『購買管 …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP