人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

2016.10.27

運送業界向け クラウド型勤怠管理システム

運送業界は、勤怠管理が非常に難しい業種です。働く時間帯や場所が従業員それぞれで大きく異なることが理由です。就業形態が不規則で、事業所以外の業務時間が多い長距離トラックドライバーを多く抱える運送会社では、タイムカード等のアナログな方法で勤怠管理をするのは非常に難しいのです。

また、運送業界では、勤怠・労務管理の不備による事故や事業者と従業員の間に労務トラブルが多く発生しています。そのため、近年では勤怠・労務管理に感心が高まっています。時間外労働や深夜労働、休日出勤などの賃金未払いは、事業者にとって大きなリスクとなります。

%e7%b4%a0%e6%9d%90%e2%91%a0
就業形態や雇用形態の多様化に合わせて、従業員1人1人に合った緻密な勤怠管理が可能なシステムの導入は、必要不可欠となってくるでしょう。

現在では、タブレット端末からの入力方式やICカード、生体認証システムなどを用いたデジタル型の勤怠管理システムがあります。また、クラウドを利用した技術が向上したことによって、従業員毎の勤怠・就業データの情報がデータベース上で集計が可能となり、情報共有と一元管理ができるようになっています。その為、勤怠管理自体が、多くの企業でクラウド型のシステム管理をすることが主流となっています。
勤怠管理をシステム化する事によるメリットをまとめてみます。

・勤怠データの集計にかかる時間やコストの削減
・給与計算と連携することが可能
・出退勤打刻の不正防止
・外出先からの勤怠打刻が可能
・法改正にも柔軟に対応可能

%e7%b4%a0%e6%9d%90%e2%91%a1-1

勤怠管理システム(特にクラウド型)を活用すれば、ドライバーの勤怠状況を事業所内で管理できるようになり、管理職の強い味方となります。さらに、システムで集約したデータは、分析ツールとして活用ができます。時間外労働などが集中している時間帯を集計したデータ上で分析することができ、より効率的な人員配置が可能になります。効率的な勤怠管理を行うこと以上に、会社の重要な経営判断の助けとなる分析データの集計をする役目をも担うでしょう。

運送業界に特化した勤怠管理システム「勤怠ドライバー」は、
上記の内容に加え、以下の大きな特徴があります。

・複数の運送k来社の経験や意見を元に設計
・運送業界に強い社会保険労務士が監修
・デジタコメーターとの連携が可能

%e7%b4%a0%e6%9d%90%e2%91%a1-2

もちろん、勤怠管理システムのメリットを全て網羅していますので、運用業界にとって利便性の高い機能が充実したシステムです。

 

運送業界向けクラウド型勤怠システム 『勤怠ドライバー』

詳しくはこちら↓

http://www.ans-corp.jp/kintaidriver/

 

CONTACT US

まずは 現在お考えの “デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが回答します。
お電話でのお申し込み・ご相談は今すぐ!
0120-553-200
受付:9:00~18:00(土日・祝日除く)
無料ヒアリング訪問!ご希望の日時でお伺いいたします!
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP