人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

2018.08.02

労務リスクを予防する勤怠管理システムとは

◆勤怠管理はしっかりできていますか?

 

 

働き方改革が推進されている昨今、従業員の働き方に合わせた勤怠管理はできていますか?残業時間や休日出勤、有給休暇などの申請手続きは管理・運用できていますか?

2016年9月に、「働き方改革実現推進室」が設置され“働き方改革”の取り組みが始まりました。労働基準法、36協定、労働安全衛生法など、法令遵守の観点から企業が勤怠管理に抱えている問題として、賃金不払残業問題、時間外労働の割り増し賃金率の引き上げ問題、長時間労働問題があります。

これらの労務管理に潜む様々なリスクを、事前に回避しなければなりません。各企業は、業務量は現状のままでも作業時間を減らす対策を行い、どのように作業効率を上げるかが重要となるでしょう。

また、「労働力人口」の減少と売り手市場に偏りつつある雇用市場では、どの企業でも人材を確保するため、人件費は増加すると考えられています。また、人材不足や働き方改革による労働時間の削減で、労働力は減少しても管理業務の強化が必要になっています。

 

 

◆労務リスクを回避し、労働生産性を向上させるためには

 

 

「働き方改革と言っているが、何から始めたらいいか分からない…」という企業も多いのではないでしょうか。

前項記述のとおり、労働力が減少しても生産性を維持するためには、まず労働生産性の向上が不可欠です。働き方に応じた時間管理を実現し、管理業務によるバックオフィスの負担を軽減することから始めてみましょう。

そこで誕生したのが、クラウド型勤怠管理システム「勤怠Trust」

勤怠Trustは、社会保険労務士監修のもと次世代の労務管理に必要な機能を網羅的に実装し、最新法令に準拠した勤怠管理システムです。また、煩雑化しやすい管理業務は、システムでしっかりと管理することで人員不足の解消や業務効率化にも役立ちます。

 

 

◆クラウド型勤怠管理システム「勤怠Trust」の特長

 

 

勤怠Trustにおける勤怠管理の特長を3点ご紹介します。

 

一つ目は、勤怠データの分析・シュミレーション機能です。将来の勤怠動向やコストを事前に予測することができます。また過去のデータを利用して、傾向を予測することでリスクを把握し、事前に長時間労働の予防と拡大防止ができます。

二つ目は、設定した労働時間を過ぎると本人と管理者へ自動的に警告(アラート)を通知するアラート設定機能です。この機能によって長時間労働を事前に抑制し、法令違反のリスクを回避します。

最後に、働き方に合わせたあらゆる勤怠パターンの設定が可能ということです。変形労働やフレックスタイム制など、各勤務体系を複数設定し管理することが可能となっています。働き方の多様化も合わせて、しっかりと管理ができます。

人材確保・維持につながる労務改善を推進し、リスクを予防することで、企業基盤を強化し、監査の対応や労務トラブルに煩わされることなく業務に専念しましょう。

 

クラウド型勤怠管理システム「勤怠Trust」

 

 

 

 

CONTACT US

まずは 現在お考えの “デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP