人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

2018.08.17

システム保守代行サービスが求められる理由

◆基幹システムの保守に困っている事とは…

 

 

多くの企業で導入され、毎日利用する業務システム。そんなシステムは、日々のメンテナンスや障害が起きた際の対応ができるよう保守体制を万全にすることが必要不可欠です。

そんな中、近年、システムの保守を打ち切ってエンジニア派遣のSES事業を主としたサービス展開をするシステム開発会社が多く、保守の打ち切りに悩む声を多く耳にします。人材不足や人員が定着しないため保守対応が難しいなど、企業が抱える問題に原因があるのではないでしょうか。また、保守対応のスピードが遅い、保守対応が悪く体制が整っていない、自社内のシステム担当者が退職してしまった、等々。そうなると、システムの維持管理=保守を行う人材がいないということになります。また、サーバーなどのインフラ管理において環境の安全性においても、自社でサーバーを購入して管理するか、アウトソーシングして管理を依頼するか、システムの内容に伴いセキュリティ対策も合わせて検討が必要です。

基幹システムの「保守」について悩みが尽きないのではないでしょうか。

 

◆システム保守代行という選択

 

 

基幹システムとは、その名の通り業務の“基幹”となるシステムであるため、内容によっては、システムの停止が許されない場合も少なくありません。保守の打ち切りやシステム担当者の退職があっても、システムが停止できるわけではないのが実情です。

株式会社エイ・エヌ・エスは「保守代行サービス」をご提供しています。

保守ができなくなったシステムを分析・解析し、保守・メンテナンス作業を継続して提供しています。専任のスタッフが日常のトラブルや相談に対応し、システムのデータを万全なセキュリティ体制で保守・運用を行います。

お客様が本業に専念できるよう、ストレスなくシステムが利用できる環境を提供しています。

 

◆保守代行ができる理由

 

 

実際にシステム保守代行サービスの需要は高まりつつあります。保守を代行するにあたり、まず必要なことはシステムの解析です。データベースやプログラミング言語は何で開発されたのか、また、システムの機能数など、保守をするために必要な情報を解析しシステムの全容を把握する必要があります。現行システムに関連する資料やソースコードは全て分析します。

本サービスにはソースコードの提供は必須ですが、万一その他の資料がない場合でも対応は可能です。保守対応が可能になれば、機能の追加や改修も柔軟に対応できますので、長期的に安心してシステムを利用できます。

スキルや経験を伴いますが、システム構築25年の実績を積んでいるからこそ対応が可能です。

システムに関する不安や悩みを解消し、安定した事業基盤を築きませんか。

↓詳しくはこちら↓

https://ans-net.co.jp/lp/maintenance/

 

CONTACT US

まずは 現在お考えの “デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP