人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

2019.02.22

今後普及していくキャッシュレス決済

◆普及していくキャッシュレス決済とは?

 

買い物の支払い等に利便性が強いキャッシュレス決済。キャッシュレスとは、現金以外での決済のことを意味します。キャッシュレス決済が浸透し、多くの人がクレジットカードをはじめとするカード決済や電子マネーを利用したことがあるのではないかと思います。

そんな中、最近ではスマホの普及に伴い、スマホ決済に関するニュースをよく見聞きするようになりました。

昨年末に話題になったスマホ決済アプリの企業は、消費者に有益なキャンペーンを打ち出したことで、ユーザー数を大幅に増加させたのではないでしょうか。

現在の中国は、今やスマホ決済が当たり前となり、圧倒的な地位を築いています。そのため、現金を持ち歩いていない人も多いようです。ある飲食店では、店員はスマホ決済専用のQRコード付きの名札を付けており、お客様からのチップの支払いまでをもスマホ決済で対応できるようにしていました。

その他の先進国でも続々とキャッシュレス化が進んでおり、その比率は50%以上になる中、日本では20%程度と低く、現金払いの文化が根強く残っています。日本でキャッシュレス化をしていくことに意味はあるのでしょうか。

スマホ決済が浸透している中国では、横行する偽札問題を回避するためにスマホ決済が普及したと言われており、現金で支払うよりも低リスクであることが分かります。

昨今の日本では、人材不足や労働者人口減少によって働き手が不足しており、様々な企業で生産性向上や業務効率化を課題にしています。現金決済においては、古い紙幣や硬貨の回収、新しい紙幣や硬貨の製造等、利用者の見えない部分で色々とコストがかかるそうです。人材不足の解消やコスト削減の意味でも、スマホ決済によるキャッシュレス化は、日本でも今後、急激に普及していく動きが予想されています。

 

◆スマホ決済の強みと今後の動向

 

スマホ決済の強みは、なんといっても現金やカードを持ち歩かずとも、スマートフォンで決済ができるという点です。

また、スマホ決済を導入する店舗側のメリットとしては、カード決済には必要な専用端末等の設備費用が不要で簡単に導入ができる点や、料金の未回収リスクがなくなること、顧客層の拡大があげられます。顧客層の拡大とは、特にクレジットカードを所持できない人が多い年代ともいえる10代~20代前半にとってスマホ決済は有効な決済手段となり、利用者が増えることが想定できます。

それらを踏まえて、今後、スマホ決済を導入する企業やサービスとして主軸に置く企業も増えてくると思われます。企業側の販売管理システムや営業管理システムにおいても、今後、新たにシステムを構築したり再構築していく必要もあるかもしれません。

 

 

 

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP