人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

2019.11.21

本当の効率化に向けたシステム再構築とは

◆業務に合ったシステム再構築のために必要なこと

 
一般に、企業の業務の根幹を支える業務システム。
機能追加や改修を繰り返して複雑化した結果、運用保守業務に手間やコストがかかる、機能の複雑化によって経営層や利用部門からの要望に迅速に対応できないという問題が起こりはじめると、多くの企業がシステムの再構築を検討するのではないでしょうか。
システムを再構築する目的は、直面する課題の解決に役立つシステム機能を改めて見直して整備することです。
“直面する課題の解決に役立つ機能”は、それぞれの立場からみた視点によって異なります。
経営者・管理者側は、システムをうまく運用できているかどうかを軸に考えていても、システムの利用者となる従業員側からは、従業員毎の役割に応じた機能の管理方法や項目についての要望があがります。全ての要望に応えて機能を構築すると、システムに齟齬が発生したり、機能が増えて使いにくくなったりと、実務に対応できないシステムになる可能性もあります。

 

◆システム再構築の目的は?

では、実際にシステム再構築を取り組むにあたり、どうすればより良いシステムになるのでしょうか。
初期段階として、新システムに継承する現行機能を絞り込めず、運用保守コストが増えてしまうケースは少なくありません。
継承する現行機能が多いために、優先して開発すべき新機能を減らさざるをえなくなったり、開発期間やコストが計画より膨らんだりすることもあります。
システム再構築を失敗しないためには、「システム導入の目的とシステムで実現したいことは何か」がとても重要です。

人員不足をシステムで補って効率化をはかりたい、システムを軸にした売上を構築したいなどの目的・目標を明確にしましょう。
目的達成のためには経営課題を軸に考え、必要機能を具体化し、少数の利用者の要望に応えて追加した機能や不要になった機能を削除することが重要です。個人の要望を満たして使い勝手が良くなったとしても、多額の資金を費やしてシステムを導入した会社自体に与える影響は限定されてしまうからです。
システム再構築において何を達成しなければならないのか、それに対して誰に合意を得なければならないのかを、重要視して考える必要があります。

◆システム再構築のために


システムを導入するほとんどの場合は、会社のためのシステムであることが前提です。そのため、会社の根幹となる経営層が中心になってプロジェクトを進めていく必要があるといえそうです。
エイ・エヌ・エスは、中小企業向けのオーダーシステム開発会社です。システム再構築については、要望に沿った機能の構築はもちろん、現行の良い機能を踏襲し、利用頻度が低い不要機能は別途運用方法を提案しながら、業務に沿ったシステムを導入します。

 

★詳しくはこちら⇒https://ans-net.co.jp/

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP