人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

2020.08.18

システム保守体制は万全ですか? ②属人的な保守対応のリスクとは

◆システム保守が属人化しやすい理由


業務における“属人化”とは、対象の業務が特定の人に依存してしまうことです。それは、「その人がいなければ対応できない状態」であると言えます。
昨今では、このような状態に高いリスクを感じている企業が多いのではないでしょうか。
コロナウィルス感染拡大によって、これまでの考え方や価値観に変化が起こりました。推奨されるテレワークへの取り組みやオンライン化の検討が進み、業務の対応方法の見直しも進んでいるように思います。

そんな中、属人化する業務で今もっともリスクが大きいと想定できる業務が、システムの保守・運用業務ではないでしょうか。システムの保守は、システムの構成や重要度合い、必要機能を網羅し、不具合や障害発生時の対応はもちろんのこと、問題が起こらないようにメンテナンスする必要があります。また、業務に応じてシステム内を調整することも必要になるでしょう。リモートやオンラインで対応する業務が増えている現在においては、業務遂行の生命線といえそうです。
特にシステム保守は技術力を必要とし、専門性が高い業務になるため、知見のある担当者に依存しがちとなってしまいます。そうなると、特定の担当者以外は業務内容を身に付ける機会がないまま、属人化する傾向にあるのです。担当者の不在時には業務が進まず、退職や病気・けがでの休業となれば、システムを利用するすべての業務は停止してしまうことになります。そのためシステム保守の属人化は、企業にとって大きなリスクとなりえます。

 

◆属人化を解消するためには?


では、属人化したシステム保守を解消するためにはどうすれば良いのでしょうか。
下記の選択肢で見てみましょう。

①自社のリソースを拡大し、複数人で対応できるようにする
自社内にIT関連の部門があり、専門知識を有する従業員が多くいれば、属人化している業務のマニュアルを作成し、担当者以外も対応できるように引き継いでいくのが理想的です。
ただ、前述しているとおり、システム保守業務は専門性が高く技術力を必要とします。そのような専門知識のある従業員を多く抱えた企業はシステム関連会社やシステム情報部門を持つ大企業でない限りそう多くありません。システム保守が属人化している企業は、他に知識を有する従業員がいないことが属人化の要因なのではないでしょうか。

②システム保守を専門とする企業に依頼する
IT技術を要し、システム保守体制が整っている専門会社に複雑なシステム保守業務を一括してアウトソースすることで、企業として、属人化のリスクなく本業に専念できます。
属人化していることで「実は非効率になっていた」などのケースもあり、業務効率化を図る意味でもシステム保守引継ぎができる企業に任せるメリットは大きいといえます。
また、保守を引き継ぐ会社から一定の品質で保守対応を受けることができれば、担当者の技術量が足りず対応が遅れていた業務・課題なども解消され、利用者はストレスなく自分の業務に集中できます。
システム保守を委託する会社を慎重に選べば、自社で担うよりも得られるメリットは多いのではないでしょうか。

 

◆システム保守をアウトソースして本業に専念する!


システム保守の専任担当者が属人化していることにリスクを感じていて自社にIT知識のある従業員がいない場合、専門のシステム会社に“システム保守引継ぎ”検討してみてはいかがでしょうか。
エイ・エヌ・エスでは、お客様が業務に安心して専念できるようシステムのサポート体制を整えて保守・メンテナンスを継続的に支援します。
「すでにシステム保守ができていない状態である」
「担当者の退職・休業が目前に迫っている」 等
急を要する企業様にも対応できるよう、保守を代行するまでに必要なシステム分析・解析をする初期作業と保守対応を平行して実施することで、最短期間での保守開始を実現しています。保守だけでなく、追加開発やシステムの再構築もご提案できますので、システム面での長期的なサポートを実現する体制を整えています。
属人化を解消するために、まずは一度、ご相談・お問合せ下さい。

詳しくはこちら→https://ans-net.co.jp/lp/maintenance/

関連記事
  • 2021年 コロナ第3波での企業の在り方

    2021年 コロナ第3波での企業の在り方

    ◆「コロナ第3波」に警戒しながら迎えた2021年 年末からの新型コロナウィルス再拡大を受け、未だに収まる様子のない状況が2021年を迎えた今でも続いています。2020年から徐々に拡大したコロナウィルス。約1年経過した現在 …
  • 企業のIT基盤強化の実現

    企業のIT基盤強化の実現

    ◆ITスキルの向上が鍵 コロナ禍におけるITの需要拡大については、前回のコラムにて記載しましたが、企業運営に着目すると、これまで以上にITが必要不可欠になると予想されます。そんな中、IT部門の在り方にも変化が求められるの …
  • 企業のIT戦略遂行の状況は

    企業のIT戦略遂行の状況は

    ◆コロナ禍におけるITの需要拡大 2020年は、コロナウィルスの感染拡大の影響から、各企業や日本経済・世界経済まで大きな打撃を受けており、いまだ終息が見えていない状況です。2020年3月以降、外出自粛要請や緊急事態宣言、 …
  • 今話題の“SDGs”にITで貢献する

    今話題の“SDGs”にITで貢献する

    ◆SDGsとは? 最近よく耳にするようになった“SDGs”。その詳細をご存知でしょうか。 SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。 SDGsは2015年 …
  • デジタル化に向けて導入したい基幹システムとは

    デジタル化に向けて導入したい基幹システムとは

    ◆必要不可欠な“基幹システム”とは デジタル化やデジタルトランスフォーメーションが推進されている昨今、システムの導入によって効率化をはかることは避けて通れない状況ではないでしょうか。そんな今だからこそ、基幹システムの重要 …
  • DX時代を乗り切る業務のデジタル化

    DX時代を乗り切る業務のデジタル化

    ◆DX時代を乗り切るためには? コロナ禍での景気減速が懸念される中、大手企業の業績の落ち込みも具体的な数字で発表されています。事業の再構築やIT導入による生産性向上など、企業が抱える課題は日々増しています。 また、コロナ …
  • コロナ禍で進むデジタル化と新たな働き方

    コロナ禍で進むデジタル化と新たな働き方

    ◆コロナの影響で変わる社会 新型コロナウィルスにより多くの企業が窮地に立たされている中、雇用の維持や事業継続への影響度合いや状況の詳細が明らかになってきています。現時点でマイナスの影響があると見込んでいる企業は、全体の約 …
  • 需要が高まる“デジタル化”の現状

    需要が高まる“デジタル化”の現状

    ◆拡大していくデジタル化の背景とは デジタルトランスフォーメーションの推進、デジタル庁の新設など、昨今のデジタル化やITシステムサービスの需要は急速に拡大しています。 AI、IoTの技術が生活に取り入れられ、5Gで超高速 …
  • 「攻めのIT投資」で推進させるDX 

    「攻めのIT投資」で推進させるDX 

    ◆生き残るために必要なDX DX=デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation) 本コラムでは何度も“DX”について掲載していますが、私たちは既に、DXの中で生活をしています。スマートフ …
  • DXを推進させる基幹システムとは

    DXを推進させる基幹システムとは

    ◆ DXが進む鍵と基幹システムの関連性とは DX=デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)とは、完結に言えば、IT・デジタル技術によって事業を根本的により良いものに“変革”すること …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP