人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

2020.11.05

「攻めのIT投資」で推進させるDX 

◆生き残るために必要なDX


DX=デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)
本コラムでは何度も“DX”について掲載していますが、私たちは既に、DXの中で生活をしています。スマートフォン・タブレット端末の普及から始まり、AIスピーカーやIoTによって生活の利便性が高くなり、キャッシュレス決済では現金を所持せずに決済できるため、身近に感じている方も多いと思います。このようにデジタル技術によって、生活が大きく変化しています。ビジネスでも、オンライン商談やリモートワークなどの場所を選ばない対応が実現している今、デジタル技術の導入をしないと生き残れないと言っても過言ではないのかもしれません。

そんな中、世界各国と比較しても、日本のDXへの取り組みは遅れていると言われています。大手企業などは、企業戦略としてDX推進のために取り組んではいるものの、革新的な製品やサービスの創造には至っていないようです。イノベーションの創造に不向きを言われている日本人特有の気質が影響していることを前提にしても、これからの時代、中小企業においても事業継続のため、早急にDX推進の取り組みをしていく必要がありそうです。

 

◆「守りのIT投資」の日本


昨今のデジタル技術の発展により、ビジネスにも大きな変化をもたらしているのは皆さんも日々感じていることと思います。
そもそも日本は、少子高齢化による労働人口が減少し生産性の低下が避けられない状況と言われていました。人員が少ない中でも生産性を向上させるためには、IT投資は必要不可欠です。しかし、実際には、堅実で確実な業務にのみIT投資をしている事例が多く、業績を拡大させるために今後の売上をあげるIT投資を行う企業は少ないと言われています。IT先進国のアメリカでは後者を理由とした“攻めのIT投資”を行うことがほとんどです。
もちろん、“守りのIT投資”といわれるコスト削減や効率化を目的としたシステムやITツールの導入は必要ですが、今後、それらはマストとなり事業の基盤となるでしょう。今後、生き残る企業になるためには、デジタル技術を活用したビジネスモデルへの変革やITを活用したサービス展開に必要な“攻めのIT投資” が求められることになりそうです。

 

◆実現できるところから進めていくDX


新型コロナウィルス感染拡大により、DXの推進は重要性を高めています。無人化、非対面でのニーズが増加し、それに合わせたサービスやシステムが展開されれば、DX推進がすすんでいる企業が有利となる状況といえるのではないでしょうか。
DXは、簡単に実現できるものではなく、まずは、企業全体で取り組む戦略や体制を整えることが重要です。エイ・エヌ・エスは、業務の見直しによるオーダーメイドのシステム開発や再構築、生産性向上のためのデザイン刷新等、デジタルトランスフォーメーション推進のための一歩を支援致します。
まずは検討段階、情報収集においても、お気軽にご連絡・お問合せください。

 

・IT-Trust (オーダーメイドのシステム導入で実現する在宅勤務・テレワーク対応)
https://ans-net.co.jp/

・Innovation Design Labo (IT活用で企業の業務改革をデザインし、支援する)
https://innovation-design-lab.com/

 

関連記事
  • DX時代を乗り切る業務のデジタル化

    DX時代を乗り切る業務のデジタル化

    ◆DX時代を乗り切るためには? コロナ禍での景気減速が懸念される中、大手企業の業績の落ち込みも具体的な数字で発表されています。事業の再構築やIT導入による生産性向上など、企業が抱える課題は日々増しています。 また、コロナ …
  • コロナ禍で進むデジタル化と新たな働き方

    コロナ禍で進むデジタル化と新たな働き方

    ◆コロナの影響で変わる社会 新型コロナウィルスにより多くの企業が窮地に立たされている中、雇用の維持や事業継続への影響度合いや状況の詳細が明らかになってきています。現時点でマイナスの影響があると見込んでいる企業は、全体の約 …
  • 需要が高まる“デジタル化”の現状

    需要が高まる“デジタル化”の現状

    ◆拡大していくデジタル化の背景とは デジタルトランスフォーメーションの推進、デジタル庁の新設など、昨今のデジタル化やITシステムサービスの需要は急速に拡大しています。 AI、IoTの技術が生活に取り入れられ、5Gで超高速 …
  • 「攻めのIT投資」で推進させるDX 

    「攻めのIT投資」で推進させるDX 

    ◆生き残るために必要なDX DX=デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation) 本コラムでは何度も“DX”について掲載していますが、私たちは既に、DXの中で生活をしています。スマートフ …
  • DXを推進させる基幹システムとは

    DXを推進させる基幹システムとは

    ◆ DXが進む鍵と基幹システムの関連性とは DX=デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)とは、完結に言えば、IT・デジタル技術によって事業を根本的により良いものに“変革”すること …
  • IT化推進でもFAXや紙管理の利用が多い実態 

    IT化推進でもFAXや紙管理の利用が多い実態 

    ◆露呈したアナログ管理の実態 2020年、新型コロナウィルスの感染拡大により、新しい生活様式に沿う形で、私たちの生活に様々な変化がありました。特に大きく変化しているのがIT化・オンライン化の推進です。新型コロナ前にはあま …
  • 新設された“デジタル庁”でIT化を推進 

    新設された“デジタル庁”でIT化を推進 

    ◆デジタル庁の役割とは 菅内閣が発足して約1ヶ月が経とうとしています。総裁選の時から、菅首相が最優先課題として位置づけてきたデジタル庁とは、どのような役割を担うのでしょうか。 デジタル庁は、各省庁のデジタル化を推進する司 …
  • 基幹システムのクラウド化で得られるメリットとは ③コスト削減と効率化の実現

    基幹システムのクラウド化で得られるメリットとは ③コスト削減と効率化の実現

    ◆クラウド化によって削減できるものとは オンプレミス型の基幹システムのクラウド移行を検討する際、コスト面についてはどのように考えれば良いのでしょうか。クラウド化によって、コスト削減はできるのでしょうか。 オンプレミス型の …
  • 基幹システムのクラウド化で得られるメリットとは ②クラウド化のポイント

    基幹システムのクラウド化で得られるメリットとは ②クラウド化のポイント

    ◆オンプレミス型とクラウド型とは 基幹システムのクラウド化が急務である今の時代。 クラウド化することによって、従来のオンプレミス型と具体的に何が変わるのでしょうか。 “クラウド”とは、自社でサーバーを保有せず、ベンダーが …
  • 基幹システムのクラウド化で得られるメリットとは ①IT化の現状

    基幹システムのクラウド化で得られるメリットとは ①IT化の現状

    ◆そもそも「基幹システム」とは テレワークの推進やITやテクノロジーの進化によって効率化や自動化が見直されるようになった昨今。基幹システムの在り方も大きく変わってきています。 そもそも基幹システムとは、「事業を展開する上 …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP