人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

2020.11.12

需要が高まる“デジタル化”の現状

◆拡大していくデジタル化の背景とは


デジタルトランスフォーメーションの推進、デジタル庁の新設など、昨今のデジタル化やITシステムサービスの需要は急速に拡大しています。
AI、IoTの技術が生活に取り入れられ、5Gで超高速な通信が実現されている今、今後はさらに私たちに身近なサービスとして提供されていくでしょう。
急速な技術の発展・普及は企業にも大きな影響を与えています。デジタル化によって生産性向上やビジネス領域の拡大・転換を図る企業も増えているようです。耳にすることが多くなった“シェアリング”や“サブスクリプション”など、サービス形態の進展や新たな領域への拡大見受けられています。物を所有することがどこか当たり前になっていた消費者心理は薄れ、モノを通じたサービスへの価値を見出しています。元々ある既存の事業をデジタル化することによって新しい価値を提供し、市場を拡大させる動きが各国で広まっています。

・既存企業の形式
モノの製造・販売
 人ありきのサービス提供

・新しい価値を提供する事業領域
モノのオンラインサービス化・ビジネスモデル転換
 過程・情報の分析による新しい価値の付加

 

◆デジタル化によって、進まなかったことが一気に進んだ今


コロナウィルスの感染拡大によって、デジタル化が進むことになり新たな需要が生まれました。
例えば、テレワークや在宅勤務の導入によって、オンライン対応の需要は急増しました。通勤時間や移動時間が大幅になくなり、「仕事に充てられる時間が増える」「家族との時間が増える」などの意見があり、時間とお金の使い方も変化が生じているのではないでしょうか。もちろん、テレワークによるデメリットも出ていますが、総じてみると、仕事に対する満足度は向上しているようです。
ビジネスの現場は“社内”ではなく“オンライン”が中心に移り変わり、紙媒体のやり取りはデータ授受になっています。日々の生活における買い物は、大手ECサイトでのオンラインショッピングで済ませ、支払いはスマートフォン決済を利用する。昨年の今頃はまだ浸透していなかった生活が、デフォルトになろうとしています。また、国はデジタル庁を新設し、判子文化をなくし、マイナンバーから個人のデータを統一して管理していくことを目標に掲げています。「進めなければならない」デジタル化は、コロナによって急激に進展することになりました。

◆実現できるところからデジタル化を進める


企業がデジタル化を進めるにあたり、優先順を決めて対応していく必要があります。
サービス内容のオンライン化を優先するのか、社内のシステム開発やオンラインツール導入で効率化を図ることが優先なのかを経営判断した上で、実現に向けて取り組むことが適切です。
エイ・エヌ・エスは、業務の見直しによるオーダーメイドのシステム開発や再構築、生産性向上のためのデザイン刷新等、デジタル化やデジタルトランスフォーメーション推進のための一歩を支援致します。
まずは検討段階、情報収集においても、お気軽にご連絡・お問合せください。

・IT-Trust (オーダーメイドのシステム導入で実現する在宅勤務・テレワーク対応)
https://ans-net.co.jp/

・Innovation Design Labo (IT活用で企業の業務改革をデザインし、支援する)
https://innovation-design-lab.com/

関連記事
  • DX時代を乗り切る業務のデジタル化

    DX時代を乗り切る業務のデジタル化

    ◆DX時代を乗り切るためには? コロナ禍での景気減速が懸念される中、大手企業の業績の落ち込みも具体的な数字で発表されています。事業の再構築やIT導入による生産性向上など、企業が抱える課題は日々増しています。 また、コロナ …
  • コロナ禍で進むデジタル化と新たな働き方

    コロナ禍で進むデジタル化と新たな働き方

    ◆コロナの影響で変わる社会 新型コロナウィルスにより多くの企業が窮地に立たされている中、雇用の維持や事業継続への影響度合いや状況の詳細が明らかになってきています。現時点でマイナスの影響があると見込んでいる企業は、全体の約 …
  • 需要が高まる“デジタル化”の現状

    需要が高まる“デジタル化”の現状

    ◆拡大していくデジタル化の背景とは デジタルトランスフォーメーションの推進、デジタル庁の新設など、昨今のデジタル化やITシステムサービスの需要は急速に拡大しています。 AI、IoTの技術が生活に取り入れられ、5Gで超高速 …
  • 「攻めのIT投資」で推進させるDX 

    「攻めのIT投資」で推進させるDX 

    ◆生き残るために必要なDX DX=デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation) 本コラムでは何度も“DX”について掲載していますが、私たちは既に、DXの中で生活をしています。スマートフ …
  • DXを推進させる基幹システムとは

    DXを推進させる基幹システムとは

    ◆ DXが進む鍵と基幹システムの関連性とは DX=デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)とは、完結に言えば、IT・デジタル技術によって事業を根本的により良いものに“変革”すること …
  • IT化推進でもFAXや紙管理の利用が多い実態 

    IT化推進でもFAXや紙管理の利用が多い実態 

    ◆露呈したアナログ管理の実態 2020年、新型コロナウィルスの感染拡大により、新しい生活様式に沿う形で、私たちの生活に様々な変化がありました。特に大きく変化しているのがIT化・オンライン化の推進です。新型コロナ前にはあま …
  • 新設された“デジタル庁”でIT化を推進 

    新設された“デジタル庁”でIT化を推進 

    ◆デジタル庁の役割とは 菅内閣が発足して約1ヶ月が経とうとしています。総裁選の時から、菅首相が最優先課題として位置づけてきたデジタル庁とは、どのような役割を担うのでしょうか。 デジタル庁は、各省庁のデジタル化を推進する司 …
  • 基幹システムのクラウド化で得られるメリットとは ③コスト削減と効率化の実現

    基幹システムのクラウド化で得られるメリットとは ③コスト削減と効率化の実現

    ◆クラウド化によって削減できるものとは オンプレミス型の基幹システムのクラウド移行を検討する際、コスト面についてはどのように考えれば良いのでしょうか。クラウド化によって、コスト削減はできるのでしょうか。 オンプレミス型の …
  • 基幹システムのクラウド化で得られるメリットとは ②クラウド化のポイント

    基幹システムのクラウド化で得られるメリットとは ②クラウド化のポイント

    ◆オンプレミス型とクラウド型とは 基幹システムのクラウド化が急務である今の時代。 クラウド化することによって、従来のオンプレミス型と具体的に何が変わるのでしょうか。 “クラウド”とは、自社でサーバーを保有せず、ベンダーが …
  • 基幹システムのクラウド化で得られるメリットとは ①IT化の現状

    基幹システムのクラウド化で得られるメリットとは ①IT化の現状

    ◆そもそも「基幹システム」とは テレワークの推進やITやテクノロジーの進化によって効率化や自動化が見直されるようになった昨今。基幹システムの在り方も大きく変わってきています。 そもそも基幹システムとは、「事業を展開する上 …

CONTACT US

まずは 現在お考えの
“デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが
回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP