人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

2018.08.23

システム再構築を成功させる方法とは?

◆基幹システムの入替をするタイミングとは?

 

 

今後の事業運営を構想する上で、基幹システムは重要な役割を担います。システムの規模が大きいほど、構築方法を慎重に検討する必要があります。

業務内容に沿った基幹システムを導入しても、業務運用のプロセスは常に一定というものではなく、時代とともに約5年を境に変化が生じるケースが多いです。システムの機能と業務内容に齟齬がでてきた時、現行システムの機能改修や追加で対応するか、システムを再構築するかを検討する段階に入るのではないでしょうか。機能改修や追加で対応できる状態であればそれで対応してよいとは思いますが、一時的な対策でしかありません。業務の運用方法の変化とシステムの内容を十分に確認していき、限界を超える前に基幹システムの再構築が必要となります。業務時間を削減し、生産性向上を支援するシステム提案が必要です。

 

◆システム再構築を成功させる方法

 

 

長年利用しているシステムの中には、実際に使用しなくなった機能や仕様頻度が低い機能がでてくると思います。オーダーでシステムを構築した企業様に、基幹システムの全ての機能を利用しているか聞いてみると、ほとんどの企業様が「利用していない機能がある」と回答しています。オーダーで構築したシステムは、利用しない機能であっても開発費用は発生しています。要件を詰め込みすぎて、使いづらくなっていたり、必要ない機能になるケースは非常に多く見受けられます。

システム再構築を成功させるためには、まず、現時点の要件の洗い出しです。エイ・エヌ・エスでは、現行システム無料診断ツールを用いて利用していない機能の抽出と主に利用している機能の把握を行います。現行システムのパフォーマンスを可視化し、コアとなる必須業務と再構築の必要がない機能の精査を行います。

また、データ一覧の閲覧・出力(Excel、CSV、HTML)のみで対応できる機能があれば、FreeExportという簡易データ抽出ツールを利用することで代用が可能です。上手に利用することができればコストの削減が見込めます。こちらのデータ抽出ツールは、システム再構築の企業様には無償で提供しております。

 

◆”今”に合ったシステムの導入

 

 

しっかりと要件や業務をヒアリングして機能を精査することで、実態に即したシステムに再構築が可能です。不要機能の削減、必要機能の追加、FreeExportを上手に利用することができれば、元のシステム構築費用から最大で50%コストダウンも可能です。

 

★詳しくはこちら

⇒システム再構築 https://ans-net.co.jp/lp/rebuilding/

FreeExport https://ans-net.co.jp/lp/free_export/

CONTACT US

まずは 現在お考えの “デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP