人材不足をシステムの導入効果・メリットで解消

お悩み解決コラム

2018.11.03

ビジネスに活用できるAI(人口知能)とは?

◆AIってなんだろう?

 

 

近頃、頻繁に耳にするようになった「AI」。日本語にすると人口知能と言われ、コンピューターが人間のように行動することが出来るシステムといった意味で使われています。

人型の感情認識ロボットや家庭用掃除機等も、AIの考え方を元に構築された人工知能といえます。昨今のAIブームの火付け役としては、音声認識や物体認識となる将棋のチャンピオンに勝利したAlphaGoや機械翻訳の精度が劇的に向上したGoogleHome、AmazonEchoが注目されています。

 

◆AIの利点と欠点

 

人口知能は、日々、技術の向上によって進化しているため明確に定義することが難しくなっているのではないでしょうか。人口知能とは、いわば機械が自ら学習し知恵をつけていくことです。実態のつかみづらい機械学習が生んだ誤解から、AIに対し、SFと現実との混同、著名人の見解への盲信等の間違った認識も生まれています。

機械学習は何ができるのかをシンプルに説明すると、データの予測、過去データの分類、データのカテゴリー分けなどと言われています。逆に、想定外の選択肢を作成することや過去のデータにはない未来のデータを予測すること、100%正確な答えを導き出すことはできません。AIの導入を検討するにあたっては、学習するのためのデータがあるかどうか、また、100%の正確性を求めずに対応して問題がないかどうかということが重要なポイントとなりそうです。

 

 

◆人材に代わりAIが仕事をこなす時代に

 

 

人に代わって、より多くの場面で利用できるように開発されている「AI」。一方で、AIの進歩によって、多くの仕事がAIに取られてしまう可能性があるのも事実です。

例えば、小売業の販売員、一般事務員、受付やコールセンター等の案内係、ビルの管理人の職業は、AIの導入によってなくなってしまうかもしれないと言われています。実際に、一部の企業や店舗で、受付や接客を行うAIロボットを導入しているところを見かけるようになりました。人材不足が深刻化している現在、人手に代用できる業務をAIが対応することで効率化を図ることができるでしょう。

 

自社の業務に合わせたオーダーメイドのシステム構築・再構築については、是非、エイ・エヌ・エスにご相談下さい。

詳しくはこちら⇒ https://ans-net.co.jp/

CONTACT US

まずは 現在お考えの “デキたらいいな” をご相談ください。
経験豊富なプロジェクトマネージャーが回答します。
Copyright © A.N.S corp. All Rights Reserved.

TOP